茶 箱

商品企画

「茶箱」は抹茶を点てる
道具一式をひと箱に集めたものです。

日々の暮らしの中での一服、
旅先での一服、
友人宅の鍋パーティーにも持ってゆけます。

そして、
本格的な茶会だってできてしまいます。

あなたも茶箱を組んで、
自分だけのお茶時間を楽しんでみませんか。

オリジナル茶箱と茶道具をプロデュース
高度な技を持つ職人や工芸作家に依頼した
道具の展覧会を開催しています。

パリ展

2017年5月9日〜13日
「茶箱の小宇宙」展
於:フランス パリのギャラリー[エスパス・ベルタン・ポワレ]

水円舎オリジナル茶箱の初個展。
使い勝手を試行錯誤し、辿り着いた寸法「水円舎形」の茶箱の中に、現代作家・職人による茶道具の取り合わせました。
20数組の新作茶箱、および各作家たちによる単品の茶道具なども展示しました。

また、日本からお茶友が同行し、交代で抹茶一服の呈茶を行うとともに、パリ在住の茶道家による茶箱点前のデモンストレーションなども開催しました。

ケルン展

2017年6月2日〜7月1日
「茶箱の小宇宙」展
於:ドイツ ケルンのギャラリー[天理日独文化工房]

天理日独文化工房10周年の記念企画の一環として、パリ展示同様の茶箱組を展示。
約1ヶ月にわたる展示中には、京都の料亭「川上」による日本料理のデモンストレーションなども会場で行われました。

はじめての茶箱あそび

2017年3月
単行本『はじめての茶箱あそび』刊行

 自身が茶箱を組みはじめたいちばん大きな理由は、「お茶室を持っていなかったから」。お茶のもてなしをしたい、そう思った時に、わたしは自分のお茶室を持っていませんでした。そして持つ予定もありませんでした。でも、茶箱があればどこもが「わたしの茶室」になる、………そう気がついたのです。

本書は、そんなわたしの手探りの茶箱道の産物、あくまでも自己流で個人的な経験です。しかし、それらが少しでも茶箱を組もうと思っている方の参考になるのであれば嬉しいです。


京都展

2017年9月18日〜24日
「茶箱の小宇宙2017」
水円舎オリジナル茶箱の国内初展覧会

2018年3月3日〜10日
「茶箱の小宇宙2018はる」
粟田焼(安田浩人)と井戸茶碗(平金昌人)の茶箱用新作茶碗の展示

2018年9月16日〜24日
「茶箱の小宇宙2018あき」
茶箱に関する布をテーマにした展示


於:いずれも京都[ギャラリー富小路]