1. HOME
  2. ブログ
  3. 旧暦1月15日「小豆粥」、二十四節気「雨水」

旧暦1月15日「小豆粥」、二十四節気「雨水」

朝、小豆粥をいただきました。
節分、立春、元日と過ぎて
春の気配、今朝は春の雨。

二十四節気でいえば
本日より「雨水」。
旧暦で見れば、天の恵みは
時季を違えずに訪れています。

玄関に掛けている五節供の飾りも
人日から上巳に掛け変えます。

お正月の蓬莱飾り、
我が家は昨夜まで掛けていました。
有難う、また来年ね。

上巳の飾りは桜と橘。
御所の左近の桜、右近の橘を
雲上流の造花で写したもの。

節分前から立春に掛けて
あわただしいことが重なりました。
身体の変調、
こころの乱れ。

関西では1月15日は女正月とも言って
年末年始忙しく立ち働いた女性が
ちょっと一息つけるころ。
小豆は昔から身体を温めてくれるといいます。
三寒四温の日々、小豆粥のパワーに感謝。

変調も、乱れも、うちなるめぐりのひとつ。
季の変わり目に起こる浄化とありのままに受け止めて、
次の季節へと向かいます。

 

関連記事